お祝いの名札

一般的にスタンド花には、「祝開店」などといったお祝いの言葉、そして贈り主の氏名や企業名などが書かれた立て札が付いています。

これは贈った側の名前の宣伝にもなるほか、「のし」の役割も果たす、とても重要なものと言えます。

 

お祝いの場合は、立て札に赤い字で「祝開店」「祝就任」など、そのシーンに合ったお祝いの言葉を書きます。

何祝いとするべきかわからない場合は「祝」や「御祝」などとしましょう。そして、先方の名前と贈り主の名前を記載します。

お供えの名札

お悔やみの場合には贈り主の名前だけが記載されますが、こちらは黒い字が使用されます。

お悔やみや葬儀の場合には表書きなどは書かないのが通例です。

連名の書き方

贈り主が複数人いる場合はそれぞれの名前を連名で書くこともできます。ただし、名前が多くなればなるほど字が小さくなりますので、あまり多い場合は「ファン一同」などのようにまとめて記載するのがよいでしょう。

その他

スタンド花に立札をつけておく期間は、受け取り側の都合や主催者、地域の慣習で異なります。届けてすぐだったり、数日たった時点で立札が外されてしまう場合もあります。

 

立札はスタンド花を注文すると無料でサービスしてくれます。
「のし」の役割も持つ大切なものですから、スタンド花を贈る際には必ずつけるようにしましょう。

立札の関連記事
  • 名札プレート
  • Hello world!
おすすめの記事
スタンド花デザイン
デザイン
花の贈り物をするなら相手に喜んでもらいたい。そのためにも、送り先のイメージに合った花を選びたいですよね。 贈るお店の雰囲気に合わせて、花に...
おしゃれ
スタンド花を贈るときはおしゃれなデザインで贈りたいですね。 花を受け取った方が喜んでくれると贈って方も嬉しくなります。 おしゃれな花スタン...
公演祝い花
用途
舞台公演のお祝いにふさわしい花といえば、胡蝶蘭やユリ、バラなどが挙げられます。胡蝶蘭は花の中で最高級といわれる有名な花です。胡蝶蘭が入って...
立札
WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !...
開店祝い花
用途
お店の開店祝いに送る花としてスタンド花が喜ばれます。 相場 開店祝いの花で一般的な値段は、法人なら2万円、個人なら1万5000円ほどです。 ...
値段
スタンド花の値段は1段で15000円から、2段で2万円からとしている花屋が大半です。 大手の花通販組織も全国の共通価格として同じ設定です。 ...
立札
お祝いの名札 一般的にスタンド花には、「祝開店」などといったお祝いの言葉、そして贈り主の氏名や企業名などが書かれた立て札が付いています。 こ...
色味
お祝いに花を贈るときには色のマナーを知っておくことが大切です。 例えば、自分が好きだからという理由だけで、用途に不向きな色の花を選んでいるか...