お祝いに花を贈るときには色のマナーを知っておくことが大切です。

例えば、自分が好きだからという理由だけで、用途に不向きな色の花を選んでいるかも知れません。

せっかくのお祝いムードに水を差してしまうような贈り物をしてしまうと、目も当てられないということになってしまいます。
そんな贈り物で気をつけておきたいことがあります。

例えば、新築祝いの贈り物には、火を連想させるようなもの、花で言えば赤い色の花などは火事を思い起こすので贈り物として選ぶのはNGと言われています。

つまり、いくら赤い花が好きと言っても、慣習から考えると新築祝いには基本的に赤い花はやめたほうが良いということになります。
赤ばかりの花というのも選ばないほうが無難ですし、花のラッピングも赤というものはなるべく避けなくてはいけません。
更に細かく書くと、花だけでなく小物やちょっとした灰皿なんかもダメというわけです。

慣習やマナーに関係なく贈れる花

色のマナーがあるといっても、先方の希望やテーマカラーが赤の場合はこのような慣習は関係ありません。
また最近はお祝いの赤色を逆に好んで使う傾向もあります。

唯一、新築祝いには赤い色の贈り物は避けるようにしたほうが無難です。

では、どんな色味が良いのでしょうか。

基本的には赤以外の色のものなら、そんなに気にすることはありません。

色味の中でどのような用途にも使えるのが白色だと言われています。
白色のイメージというのは何にも染まっていない、清潔な感じや明るいイメージを与えます。

実際に花を贈るときに人気の胡蝶蘭の多くは白い色の花です。
また、結婚式の花は白が基本ですね。

赤い色の代わりとして入れても良い色の花というとピンク系の色の花ということになります。
暖色系の色が入った花や品物を贈りたいと思うのならピンクやオレンジなどを基調とした色のものを入れると良いということです。

贈り物の色で相手の印象を悪くしてしまわないように気をつけたいものです。

色味の関連記事
  • 用途に合わせた花の色
おすすめの記事
色味
お祝いに花を贈るときには色のマナーを知っておくことが大切です。 例えば、自分が好きだからという理由だけで、用途に不向きな色の花を選んでいるか...
立札
WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !...
マナー
街角などで見かける、お祝いの雰囲気を盛り上げてくれるスタンド花。 お店のオープン時に店頭に並んでいることがありますね。 ところでこのスタンド...
開店祝い花
用途
お店の開店祝いに送る花としてスタンド花が喜ばれます。 相場 開店祝いの花で一般的な値段は、法人なら2万円、個人なら1万5000円ほどです。 ...
スタンド花デザイン
デザイン
花の贈り物をするなら相手に喜んでもらいたい。そのためにも、送り先のイメージに合った花を選びたいですよね。 贈るお店の雰囲気に合わせて、花に...
値段
スタンド花の値段は1段で15000円から、2段で2万円からとしている花屋が大半です。 大手の花通販組織も全国の共通価格として同じ設定です。 ...
立札
お祝いの名札 一般的にスタンド花には、「祝開店」などといったお祝いの言葉、そして贈り主の氏名や企業名などが書かれた立て札が付いています。 こ...
おしゃれ
スタンド花を贈るときはおしゃれなデザインで贈りたいですね。 花を受け取った方が喜んでくれると贈って方も嬉しくなります。 おしゃれな花スタン...